子育てしながら占い師業を営む朧月夜のドタバタ日記。
笑いと元気をモットーに色んな話題を提供していきます。

※NGワード設定しています。エロスなネタや言葉は全て弾かれます。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
夢の糸を紡いで
アフターのプチ打ち上げで飲んだ酒で、朝から喉が焼けてめっさオネェボイスになってます・・ハイ 

昨日、大阪・桃谷にある“願いの宮”の祭事『橙輝祭』で占いブースを出展しました。

101023_1743~010001.jpg

前回ご好評いただきました龍香先生が二回目の参戦で、出展内容も充実してきたところでしたが、残念ながら来年から祭事の開催日数が減るということで・・・・
まぁ・・場所柄なかなか来訪されにくいお客様がいる現状も踏まえて、かねてよりたらればで持ち上がってた『とある計画』を本格的に実行するコトになりました。

『とある計画』の一部を公表しますと、フリースペースかギャラリーを借りてやってみようかな・・・デス

とはいえ、これはまだまだ“夢”の段階で・・
皆さまにまだちゃんとご報告できるようなことではないのですが、私のくだらない戯言だと思って聞いてください。

昨年の11月にフリーになってからOCATで初めてイベントに出店してから早一年・・・
最初はイベントという形でも何ヶ月かに一回か、表に出られる場所があればそれで良いと思っていたけれど、やっぱり・・ね。
直に顔合わせできない電話だけの鑑定は物足りなく・・・
対面でお客さまの顔を見ながら浪花節を振りかざしたいワケでして・・・
場所柄に左右される事なく、今よりもっと自由に多くのヒトに来てもらえて、私らしい活躍の場が広がればと・・・(要は一年も経てば色々と欲が出てきたワケなんですわ)

そんな思いを日々募らせていたところに『とある計画』の話が持ち上がったので、いっちょ乗っかってみようと思った次第なんです。
もう少し具体的に計画を練って、夢がちゃんと“カタチ”になりましたら必ずご報告しますので、その時はどうぞよろしくお願い申し上げます。

さてさて・・本題に戻りますが、いつもイベント前夜は緊張のあまり夜はほとんど眠れないというナイーブな一面をさらしてる私。
けど、今回は準備にあまり慌てることもなく、夜もブログをアップする余裕まであるほどになんかどっしり構えてました(いや・・ホンマ慣れって恐ろしい)
対して龍香先生は前回と同様『胃が痛い・・』といって、夜中1時過ぎに我が家へ電話を掛けてきて嘆いておりましたが・・その気持ちはよぉぉぉ〜〜っく分かるよ

イベントは個人の実力やカリスマ性が試される。
加えて単独での仕事はストイックさとセルフコントロールが要求される。
手を抜けば簡単に落ちるし、かといって頑張りすぎてはやる前に自分を潰す。
事前にどれだけ万全の体制で臨んでも、事足りる事は決してない。

これらモロモロのプレッシャーが特大にのしかかってくる訳でして・・
私も克服したわけではないけれど、この一年でそれなりに要領は得たつもり。
けど、この橙輝祭に関しては何故かみょうに『ゆっくりでいっか』という予感が頭を過ぎって、実際フタを開けてみると、案の定来訪者が少なくてまったり仕事してました。

あ。でも!一年ぶりにお会いできたお客サマがいたり、毎回イベントに欠かさず来てくださってるお客サマとゆっくりお話が出来たりして、いつもとはまた違う充実感がありました。

CA3G0005.jpg
▲初公開!私の仕事風景 イベントでは“衣装”を着てやってます。

CA3G0008.jpg
▲あのネイルがタロットに合わさるとこんな感じ

仕事中はこんなマジな顔してやってますが・・・
ブースから一歩離れるとこんな感じ。

101023_1739~010001.jpg
▲チョリ〜〜ッス

もぅ・・超アホ面全開(約二名ほど)
金髪の自分だけまとも(?)写ってるヤツが龍香先生。

夜の祭事という事で、祭殿へ続く道と入り口に沢山のキャンドルが灯りを燈してライトアップ。
これがすごく幻想的でキレイ

101023_1734~010001.jpg
▲スタッフさんの間では通称“滑走路”と呼ばれてます(笑)

101023_1737~010001.jpg
▲沢山のキャンドルが出迎えてくれます。

イベントが終わった後はミスドで恒例のプチ打ち上げ会・・・のはずが、私のある一言で『こがんこ』へGo

101023_2157~010001.jpg
▲働いてるものにしか酒のウマさは分からねぇ

P10006200001.jpg
▲飲んでるところを真横で龍香先生にカメラ向けられて、とっさに顔隠そうとしたけど・・・撮られた

P10006170001.jpg
▲で、怒った

この日の打ち上げではバカ話に花が咲き乱れたけど、5月に龍香先生とhiroさんとsieちゃん(お宮さんの巫女さん)と飲みに行った時、私・・ヨッパゲて龍香先生に相当お説教たれてたそうな・・(本人記憶ゼロ)
この日も『聖衣羅ちゃん、今日はお説教せんといてや〜』と言ってたけれど、いやいや・・私、別にアナタを叱るネタは何にも持ち合わせてませんわ

私が叱咤する理由があるとするならば・・
初めて貴女に出会った時、私は貴女の中に眠る“可能性”を見つけた。
でも貴女は己の弱さと優しさ故にすぐ脱線してしまう。
私は貴女の中にある可能性の芽を枯らさぬよう鬼になろうと決めた。

私や貴女が咲かせる花は、踏まれてもたくましく伸び上がる野花。
この世界に種を抱いて身を投じた以上は“普通のヒト”と同じであってはならない。
占い師はヒトの生き筋を説く仕事。
だからこそ占い師は自分の占いに自分の生き筋を懸ける。

ま、堅苦しい能書きはもとより、要はもっとしっかりしなはれってコトだ。

101023_2241~010001.jpg
▲お互いヨッパゲてこんなコトやってる時点でまだまだ修行が足りんなハハハ…
20:54 / 占いのはなし / comments(0) / -
【10月】イベントのお知らせ
昨年11月に『Sea&Moon−海月−』という屋号を背負って、店を辞めてからピンでのイベントに初参戦して早一年・・・
未だにイベントの前日は緊張してあまり眠れないけれど、今回は後輩の龍香先生が2回目の参加ということもあり、ますます精進して頑張っていきたいと思っております。 

さてさて日にちも迫ってきておりますが、10月に開催されるイベントの告知です。
『橙輝祭』
日時:10月23日(土)
アートフリマ・・・12時〜17時30分
祭事・・・18時〜
会場:願いの宮
住所:大阪市天王寺区烏ヶ辻2丁目10−24
最寄り駅:JR環状線桃谷駅/地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ケ丘駅
鑑定料:1件 2,000円(30分)



今回は、夢宙屋さんの魔法のランプ(照明作品)もいくつか空間に加わるので、幻想的な雰囲気でお楽しみいただけると思います。
何かとお忙しいとは思いますが、ぜひ足をお運び下さいませ。
09:13 / 占いのはなし / comments(0) / -
ミッション完了!

いやいやいや・・・・前回の更新から1ヶ月ぐらい経ったかしら
もぅブログ復活させたのも束の間、すぐに更新が滞ってしまいまして
ズボラなワタクシをお許しくださいませませ

さて、今日は大阪・桃谷にある“願いの宮”の祭事『虹祭り』で占いブースを出店しました。
今回は私以外にカラーセラピー&アロマレイキの龍香先生が初参戦
いつもこじんまりとやってた私も、龍香先生が増えたおかげでブースがいつもより立派に
とはいっても、ただテーブルの間に衝立を立てただけの簡易ブースだけど、一人の時はだだっ広い中にテーブルをポツンと出してるだけでやっていたので、こんな単純な事でチョー感動してしまいました

それにしても・・・今日は久しぶりにハンパなく忙しかった
それというのも、みなさんがこのクソ暑い中を懲りずに来てくださったおかげです
本当にありがとうございました

龍香先生とはかれこれ10年来のお付き合いで、彼女が新人の頃にOCATのクィーンで一緒に仕事をしていました。 現在は大阪梅田にある『占いサロン・ミュウ』というお店で活動されています。

まぁ・・・今はまだ『箱』の中で仕事をしてるけど、いずれは“自分の店を持ちたい”と、かねてから言っていて、昨年の夏にそれまで掛け持ちで勤めていたOL業を辞め、占い師業一本に特化した彼女にイベントの話が持ち上がったのが今年の5月。
スキルアップを兼ねて『箱』以外での仕事を経験してみるのもいいかも。と、石屋のhiroさんと相談して今回フリーの活動に向けての第一歩でイベントに参加したわけなのだけど・・・

彼女の性格はとにかく『のほほん』としていて、せっかちな私からすると見ててイライラッっとすること多々アリで・・・
だけど、面倒見の良い私の性格が災いして、年は一つ上なのにキャリアは断然私の方が上ということで、クィーン時代よりずーっと彼女の教育係をしてるワタシ

そんなのんびり屋の彼女も、いつものグループ参加でのイベントではなく、個人の出店ということに相当プレッシャーがあったようで、イベントの3日前に緊張のあまり胃けいれん起こして病院で点滴打ってもらってたそうな(それを知ったのはイベントが終わってミスドでプチ打ち上げしてた時のコト)

まぁ・・私も昨年の11月は緊張のあまり一睡も出来ないままイベントに参加したのはまだ記憶に新しいし、フリーでのイベント参加自体もう何度も経験しているのに、未だにイベント前夜は緊張しすぎて、浅くしか眠れない
おまけに今回は相方として引っ張り込んだ龍香ちゃんがいるということもあってか、さらに緊張MAXでまどろみにしか眠れなかったのよね
でも、これも毎度のコトながらその緊張も現場に行ってしまったらどこ吹く風で、肝っ玉据わらせて浪花節振りかざせるのに、どうして前の日はいつもこんなに緊張するんだろう・・・正直、自分でも謎です

最初は初回だからあまりお客さん来ないかも・・と心配していた龍香ちゃんにもお客さまが来てくださり、大盛況のうちに無事イベント終了
いつもはあまり褒めることはない私だけど、今日の彼女はホントによく頑張った
反省点と課題は山のようにあったけど、彼女を通して私も色々勉強できたし、クィーン時代はまだ新人だった彼女が思ってた以上にグンと成長していて、何より7〜8年ぶりに彼女と一緒に仕事することが出来たのが良かった

また10月に今年最後(?)のイベントがあるけれど(というか、hiroさんから強制的に“参加命令”下されてたケドNA)一緒に頑張ろうぜい


龍香先生blog→turquoise moon

00:09 / 占いのはなし / comments(0) / -
千里眼
とあるお客さんが私の元へ相談に来た。
カードを切る前に話を聞くのだけど、肝心の相談内容を明かさない。
いくら問いかけても口ごもるばかりで話したがらない。
タロットはある程度の情報があれば見るコトが出来るのだけど、その“ある程度”すら話してくれない。
こちらがしつこく訊ねると質問内容を変えてきた。
変更した質問についてカードを切ってみたけど、案の定言葉が全く出てこない。

タロットはちょっとしたことでもココロに強く引っ掛かってることがあると質問のテーマを無視した答えを出してくる厄介な性質がある。
まぁ人間悩みなんて一つきりじゃないし、隠しておきたいコトだってあるだろう。
本当のコトを知りたいと望んでも、真実を知ることに恐怖を覚えるコトだってある。
だから私は深くを追求せず、漠然とだけその内容について話す。漠然とでも解き明かせばカードを切り直したときにちゃんとテーマどおりの答えが出てくるから。
でも今日は何度仕切り直しをしても答えが全く出てこない。漠然と解いても同じ内容の答えしか出ない。さすがの私もこれには焦った。
焦れば焦るほど頭が真っ白になって言葉が出てこなくって、ついには根を上げた。
『別の先生に見てもらってくれ』と・・

正直こんなこと今まで一度だってない。色んなお客さんがいても大抵のことは対処出来たし、太刀打ちもしてきた。
でもこれ以上続けることは相手に対して失礼だし、第一信用問題に関わる。
自分の非力を認め、深追いをせず、退く判断を下すのもまたプロなんだということを過去の実体験から学んでいる。だから隣に控えていたK先生に鑑定を振った。

するとそれまで頑なに口を閉ざしていたお客さんがぽつぽつ話し始めた。
詳しいことは明かせないけど、話の内容と何度も出てきてたカードの流れが一致した。
話を聞いたところでもう一度カードを切ると、それまでの現象がウソのように言葉がスラスラと湧いてくる。
おかげで私の消化不良もスッキリ解消!

しかし・・占いってヤツはほんとに恐ろしい。
綺麗なところも醜いところも心の全部を見透かしてくる。
しかも寸分違わぬ正確さで他の追従を許さない。
たまに『占いが当たらない』という話を聞くが、それは占いが“当たらない”んじゃなくて、占い師が解釈の見当を間違えているだけだと私は思う。
時にそれは熟練の鑑定士でもやってしまう失敗。ただその失敗に気付くコトが出来るかどうかは占い師の力量が問われるのだけど・・・

タロットにしても四柱推命にしても星やカードが語る運命や答えは絶対で、地球の核レベルにまで真実を押し込んでも一瞬にして表にさらけ出す。
その千里眼パワーが占いの神秘であり、迷える人間を占いの虜にさせる魅力の一つなんだろうなぁ・・・

JUGEMテーマ:占い師のつぶやき
22:11 / 占いのはなし / comments(4) / -
本物の占い師
占いはね、占う者と占われる者との間で行われるやり取りだから
知りたいと思っている者には、占い師は応えなくてはならない。
己の出来る限りすべての力で、決しておろそかにしてはならない。
どの職業でもそれは同じことだけど、
目に視えない、形に出来ないことだからって嘘をついたり、
出来ないことをさも出来るように振舞うのは、本気の相手にも失礼よ。
いいえ、占いは他人の生きる方向、生き筋に関わることだから、
失礼だけではすまないわね・・・。
だからこそ本物の占い師は、自分の占いに自分の生き筋を懸けるの。
xxxHOLIC アニメ版第四話「ウラナイ」


この言葉を初めて聞いたとき、鳥肌が立った。

金儲け目的の『なんちゃって占い師』が横行してるご時世に、自分の占いに自分の生き筋を懸けてる占い師は一体何人いるんだろう・・・

最近、占い師志望の話をよく耳にする。(とくにお客さんで・・・)
動機は人によって様々だけど、私が聞く限りでは正直どれも不純に感じる。
不純であるコトが悪いと言うわけではない。不純な動機でもそれが原動力になることだってある。
でも・・

“ヒト”の役に立ちたい
“ヒト”の為に働きたい
“ヒト”を自分の力で救いたい

なんだかね・・・
『ヒトの役に立ちたい』なんていってる時点で覚悟が足りねぇんだよ。
ましてや『ヒトを救う』なんておこがましいことを簡単に口にするもんじゃねえ。

占い師が説く“ウラナイ”は自分の知恵と経験をほんの少し相手に貸すだけであって、それが役に立つのかどうかは相手が決めること。
だから『ヒトのために・・』なんて言葉は己のエゴ以外なにものでもない。

私は“本物の占い師”と呼べる人を2人しか知らない。
14年の間にたったその2人にしか出会ったことがない。

それってすごく悲しい事実だと思う。

JUGEMテーマ:占い師のつぶやき
23:27 / 占いのはなし / comments(4) / -
1/12PAGES >>
counter
累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ




ことのは

すべての現象は意味を持ち

あなたの為にあります

この言葉を知ることにより

時間の経過とともに

心は明るくなるでしょう
qrcode